良い筋肉の育て方と継続の心得について

筋トレやダイエットで挫折した経験はだれしも一度はあるでしょう。

しかし、この心得を読む事でモチベーションを保ち、どのようにしたら無理なく筋肉をつける事が出来るのかを学ぶ事ができます。

さあ、あなたもレッツエクササイズ!

良い食事とは

さて、食事と思い浮かべてとにかくたんぱく質を摂取したら良い、とにかく野菜を食べるなどと思いうかべる人は多いのではないだろうか?それは正解でもあり、間違いでもある。

なぜなら年齢や性別によって人によって必要な栄養素は異なるからだ。

ゆえにバランス良く栄養を摂取する事が真の正解と言えるのだ。

白米、牛の赤身肉、パプリカや、キュウリなどを加えた野菜サラダなどが望ましい。

先も良い体つくりに必要なものは良い栄養素だとお伝えしたが、それは主に三大栄養素が存在する。

すなわち炭水化物・タンパク質・脂質である。車に例えるならば炭水化物=エネルギー、タンパク質=車体、脂質、エンジンオイルに相当する。

野菜などのビタミン類はいわば電気系統に相当するだろうか。それらをバランス良く補給する事によって、車(身体)は効率良く成長出来るのだろう。

くれぐれも、どれかを抜くことなかれ。

良いトレーニングとは

これは目的に合わせてトレーニングを行わないと逆効果になりかねないため、難しい。

例えば、ボディビルダーのようなパンプアップした肉体を手に入れたいならばまず無酸素運動を中心に取り入れるべきだろう。

そして、ほっそりした肉体を望むなら有酸素運動を中心に取り入れなければならない。

筋肉に複数の種類があることを知っている人は多いかと思う。

大きいが痩せにくいが白色筋肉とスリムだが痩せやすい赤色筋肉だ。

すなわち美しい筋肉を求めるならば白色筋肉中心、スリムな身体を求めるなら赤色筋肉中心とすれば良いのだ。

では、どのように鍛えるべきか。陸上選手を思い浮かべて欲しい。

短距離選手と長距離選手の体躯には大きな違いがある。短距離選手はムキムキで長距離選手はほっそりしていないだろうか?

なぜなら、短距離選手は白色筋肉を多く持つためバーベル上げや全力疾走などの無酸素運動を多くこなしている。

逆に長距離選手は持久力を養うために低負荷長時間トレーニングを積むのだ。

良い筋肉の定義は人によって異なるが、目的に合ったトレーニングを行う事で理想の身体を手に入れよう!Fight!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です